1. HOME
  2. 会社案内
  3. 会社概要

COMPANY

会社案内

プロモスジャパン株式会社 会社概要

企業のミッションとスタンスについて

会社概要

社名 プロモスジャパン株式会社
(英語表記 PROMOSJAPAN,LTD.)
代表取締役 秋元万里子

資本金 7,000,000円

事業内容/住所

・輸出入業務
・OEM商品企画制作
・オンラインメディア制作/運営
・フォトメディア制作、セミナー
—————————–

●プロモスジャパン㈱本社
901-2211 沖縄県宜野湾市宜野湾1-8-31-506
日本輸出入者標準コードP002A5360000
株式会社共同通信PRワイヤー代理店

●広島営業所/倉庫
737-0121 呉市広吉松1-2-32-2F
●検品倉庫
大阪府岸和田市地藏浜町11ー2 プロフィットマート岸和田南内 
株式会社スコア・ジャパン岸和田倉庫

沿革

2007年 7月 個人事業主E-PUENTEとしてフォトグッズ制作の輸入代行を始める。
2011年 1月 広島市佐伯区五日市中央1丁目に合同会社E-PUENTE設立(業務内容:貿易業務、服飾品・雑貨・アクセサリー企画制作)
2011年 7月 プロモスジャパン株式会社として社名・業務内容変更(追加項目:デザイン業務、マーケティング業務、撮影業務)
2015年 10月 本社を佐伯区美鈴が丘に移転
2017年 3月 デザイン室を広島市西区横川町1丁目に配置、写真関連事業を開始
2017年 3月 広島市西区横川町3丁目に写真コミュニティスペース・アトリエフォコをオープン
2020年 3月 アトリエフォコ設備を横川ギルド様に譲渡
2020年 10月 沖縄県宜野湾市に本社移転。役員、事業内容の変更。(追加項目:検品、梱包、軽作業)
2021年 1月 オンラインメディアを活用したプロモーション事業、ECサポート事業を開始
2021年 10月 SNSウォールプラグイン導入サービス開始
atelierfoco

経営理念

商品とサービスの提供を通し、地球と人々の未来に繋がる社会に貢献する。

基本行動

・寄り添う姿勢をもちサービスの提案を行うこと。
・俯瞰的に考察し素早い対応を行うこと。
・感謝の気持ちと自身の成長を常に意識し、自己管理を怠らない。

写真活動の取り組みについて

弊社は2007年、個人事業主として香港の工場のドロップシッピング代理店から始まりました。
過去、カメラメーカーに勤務していた事もあり「写真をプリントできる昇華転写素材の商品開発」が発端でした。もっと写真をアーティスティックに楽しみたいと思ったのが理由です。
その後弊社のサービスは写真ではなく「同人グッズ」「アニメグッズ」として人気を呼び、ゆるキャラブームの到来で行政や大手企業様のノベルティ分野に拡がり法人登記への切っ掛けとなりました。

そのような私たちの事業の原動力となっているものは、常に「写真」であり、商品開発には「フルカラーで表現できる事」が根底にあります。
また、オンラインの普及に伴う写真媒体の必要性は明らかであり、これから社会で活躍するべき世代に「フォトメディア」を伝えていくことを我々の使命と考えています。
「写真」が弊社の母であり発想の軸となっていますので、今後も事業と同じ温度で社会に向けた「写真活動」そして地球と自然への感謝を込めた活動を続けていく所存です。

”LOOKS GOOD,FEELS GOOD”


”LOOKS GOOD,FEELS GOOD”は、「弊社の目指すサービス」を表したキャッチコピーです。

上の二つのロゴは弊社が苦境にあった2017年、”日本で一番レコードジャケットを作った男”として知られる西本和民氏より授かったものです。
通常は左側の無限形ロゴを使用していますが、写真をコンセプトとした事業または活動にウィング型のロゴを使用しています。
これらの美しいロゴには、弊社が永遠に歩み続けていく為のスタンスが込められています。

●無限形
頭文字のPとJで、広がる可能性を表現し
クリップ(ステーショナリー)を連想するフォルムで
身近なクリエイティブ感を演出
●上下対称のフォルム
自分と相手の平等なコミュニケーションと
密になりすぎず一定の距離感を持った関係
それを意味する
●デザインの方向性
シンプルでありながらPOPで新鮮なイメージであること
優しさを感じる形と色であること
女性的や男性的にならず中性的なイメージであること

ロゴの意味する深く強いメッセージは、我々の社会的責任とミッションを伝える大切なシンボルとなっています。

お問い合わせフォーム